駅前部員の落書き帳
FCTゴジてれシャトル
2001年10月26日午後6時30分頃 我駅前部がFCT(福島中央テレビ)に紹介されました。
番組名は「ゴジてれシャトル」 その内容を紹介!おしくも 見過ごしてしまった方は必見。
また、FCTゴジてれシャトルのスタッフの方々 素晴らしい構成で団員一同大満足でした!
ありがとうございました。
下にムービーがあります
駅前部が福島中央テレビの"ゴジてれシャトル"内で取り上げられました。
CM明け視聴者から寄せられた情報を基に構成しているとのこと番組を見ていた団員たちはハラハラドキドキのオープニングでした。
今日放送されたテーマは我が駅前部が最近手掛けている、自作する消防車"ペーパークラフト"の特集です。
団員自身が丹精こめて作った苦心作!?をとくとご覧下さい。
さていよいよ本編の開始です。
菅佐原アナウンサー自身が駅前部のホームページにアクセスしました。
いつも見慣れているメインページの画面がいつにもなく眩しい!
いつも団員が行っているのがいざTVの画面でみるとなんか・・・・
照れます*(^−^)*
いざペーパークラフトのダウンロードまでの過程でした。
ダウンロードしたペーパークラフトを印刷したものを実際に見せていただいきました。
なんか自分の目の前にあるものと同じものがTVにあると
"お!このアナウンサーと同じじゃん"と思ったりしてこれからどういう作品を組み立てていくのだろうなあと個人的に思っちゃいました。
さあ突撃アナウンサーが入ってきました。
まさにヨネスケの突撃となりの晩ご飯みたいに…
団員たちはせっせとクラフト車作りに精を出しています。
何か用意されたように作業着を着ている団員達でした。
我が駅前部のホームページを眺めているところです。
実際に突撃レポーターにペーパークラフトのページをダウンロードするまでの過程を見せました。
結構興奮して見ていました。
自分たちのホームページの出来の良さ?にうっとりとしている団員A・Bでした。
駅前部随一の不器用と呼ばれる彼の作業風景です。
本人は後でアップでは撮ってもらいたくはなかったと言っていますが、編集部さんのほうで適当に継いでくれたので結構さまになっています。
ここまでくると完成間近となっています。
へましなくてよかったー(本人談)
お待たせしましたやっとペーパークラフト製作者のインタビューです。
待ちに待ちすぎて本人はいささか緊張気味1回だけNG出しちゃいました。ごめんなさい。
このインタビューも本人はあまり話したくないようでしたがうまくまとめていただきました。
内容訳…子供たちにまず親しんでもらえる消防車にしたかった。
そして自分たちの活動を知ってもらいたかった。
最後に司会のお二人に我が駅前部のホームページアドレスを紹介していただいた。お−すごい!
出るとは分かってはいたがここまでちゃんとしていると見ている団員たちも感動しっぱなしでした。
ここまでしていただいたFCT及びその関係者に深く感謝いたします。
メディアプレーヤーでご覧になれます